【おさかな】行き場失ったメダカ3千匹「すくわれる」。お祭り中止で支援者が引き取り「大切に育てます」 [記憶たどり。★]

1:2020/06/07(日) 15:24:47.40ID:XGy1kGM09 https://news.livedoor.com/article/detail/18379359/

新型コロナウイルス感染拡大の影響で和歌山県海南市黒江地区の「黒江めった祭り」が中止となり、
出品予定だったメダカ約3000匹が支援者に引き取られることになった。

祭りの実行委が、中止により不足した飼育費などに充てるためインターネットで寄付を募り、
寄付者を対象に引き取り先を募集していた。6日、引き渡しが始まり、12日までにすべて引き取られるという。

「めった」は和歌山弁でメダカを意味し、祭りでは、メダカすくいや販売などがメインイベントになっている。
同地区では、昔から、住民が自宅の軒先でメダカを飼う風習があったといい、2017年から、
地元有志による実行委が、紀州漆器伝統産業会館「うるわし館」などで祭りを開催。
出品用のメダカは、毎年、実行委メンバーが1年かけて育ててきた。

ところが、5月31日に予定していた祭りが新型コロナの影響で中止に。卵から育ててきたメダカ約3000匹が行き場を失った。
これまでの飼育費や来年の開催費には、祭りの売り上げを充てる予定だったが、それも見込めなくなった。

powered by Auto Youtube Summarize

Author: sdaadadadada

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です