【笑わない高齢者】介護必要になるリスク1.4倍に 名古屋大など 2020/07/16 [朝一から閉店までφ★]

1:2020/07/16(木) 10:03:32.82ID:9mrIfLxf9 2020年7月16日 5時41分

笑わない高齢者は、毎日笑う高齢者に比べて、介護が必要になるリスクが1.4倍高くなることが名古屋大学などの研究で分かりました。研究グループによりますとこうした研究は、世界でも初めてだということです。

名古屋大学大学院予防医学の竹内研時准教授などの研究グループは、介護を受けていない高齢者1万4000人余りを3年間追跡し、日常生活で声を出して笑う頻度と、その後の介護の必要性や死亡との関連について分析しました。

その結果、ほとんど笑わない高齢者は、ほぼ毎日笑う高齢者に比べて、身の回りのことが1人でできなくなる「要介護2」以上の介護が必要になるリスクが1.4倍高くなっていました。笑う頻度と死亡との関連は見られなかったということです。

powered by Auto Youtube Summarize

Author: sdaadadadada

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です