【江藤拓農相】種苗法改正に意欲 農相、国民理解を重視(日本農業新聞) [ウラヌス★]

1:2020/06/21(日) 06:03:33.55ID:JDkDK4WN9  江藤拓農相は19日の閣議後会見で、先の通常国会で成立せず継続審議となった種苗法改正案は「農業者の利益を守るための重要な法案だ」と述べ、改めて成立に意欲を示した。国会審議が始まっていないことを踏まえつつ、「説明責任はしっかり負っていきたい」と、法改正の狙いなどに理解を得ることを重視した。

 改正案は、優良品種の権利保護と不正流出の防止を目的に、農家が登録品種の種苗を自家増殖する場合、育成者権者の許諾を必要とする。江藤農相は、種苗開発者が農家に高額な許諾料を求めることは「常識的にない」と強調。法改正によって「海外への(種苗の)流出のリスクは減らすことができる」との認識を示した。

https://www.agrinews.co.jp/p51122.html
種苗法改正に意欲 農相、国民理解を重視
2020年06月20日

関連記事)
https://hbol.jp/169834
5分でわかる種子法廃止の問題点。日本人の食を揺るがしかねない事態って知ってた? 2018.07.07

powered by Auto Youtube Summarize

Author: sdaadadadada

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です