【フランス】「アルデンヌの食人鬼」、17年前に失踪の9歳少女の殺害自白 遺体捜索始まる [Lv][HP][MP][★]

1:2020/06/23(火) 21:32:52.04ID:fmqaluI39 フランスで17年前、9歳の少女が行方不明になった事件について、
別の事件で収監されている連続殺人犯が最近になって殺害を自白したことを受けて、
法医学専門家らが22日、少女の遺体の捜索を開始した。

2003年1月、首都パリ東郊の町で下校途中に行方不明になっていたのは、エステル・ムザン(Estelle Mouzin)さん。
ムザンさんの遺体の捜索は、消息を絶った場所から200キロ以上離れた同国北部アルデンヌ(Ardennes)にある
ミシェル・フルニレ(Michel Fourniret)受刑者がかつて住んでいた民家で始まった。

「アルデンヌの食人鬼」との異名をとるフルニレ受刑者は、
少女や若い女性計7人を殺害した罪で終身刑が言い渡され、2008年5月から収監されている。
同受刑者は昨年11月になって、元妻がアリバイを否定したことから、ムザンさん失踪事件でも訴追された。

元妻のモニク・オリビエ(Monique Olivier)受刑者も、
一部の誘拐や殺害に加担した罪で、28年間仮釈放なしの終身刑に処されている。

フルニレ受刑者は今年3月、ムザンさん殺害を予審判事らに自白したものの、遺体の所在については口を閉ざしている。
22日の捜索には、警察官約50人の他、法医学専門家や考古学者、軍の技術者らが加わり、
これまで一度も捜索が行われたことのなかったこの家の敷地を掘り起こす準備が行われた。

powered by Auto Youtube Summarize

Author: sdaadadadada

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です